りこがHAPPYになるもの&出来事を綴っていきます♪♪♪只今、東方神起溺愛中♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユノ・チャンミンのお父様まで
2009年11月02日 (月) | 編集 |
色々出すなぁ~SMさん。
続きからどうぞ。
チャンミン父"化粧品事業株式情報与える・・・誘惑も受けて"

[アジア経済イ・ヘリン記者]
SMエンターテイメントが2日汝矣島(ヨイド)63ビルディングで開かれた記者会見で"今回の東方新起事態の本質が化粧品事業"といちいち事態を明らかにした中で訴訟を進行しなかった最強窓(ウィンドウ)民のお父さんシム・ドンシク氏が書面を通じて"三メンバーお父さん中1人からお金と関連した誘惑を受けた"と明らかにした。

シム氏はこの日書面を通じて"今回の仮処分申請は金銭的な利益のためのものであるだけ,専属契約が不当だったとか収益配分が正確でなかったとかというお話は私が分かっている限り本質的理由を分けようと思う言い訳に過ぎない"と説明した。

彼は"例えば,三・のメンバーが化粧品事業を始めて中国の化粧品会社事業説明会に参加した後にその中1人のご両親と通話をした時'この事業がはらわた数百億,数千億になるかも知れない事業だ。 私たちがこれからコスダック会社を迂回上場して'東方新起が事業をする'とうわさを立てて株価がちょうど沸き上がる時あらかじめ情報を差し上げるから株式を買え'というとんでもない話を聞くこともした"と明らかにした。

この日最強窓(ウィンドウ)民とユ・ノユン糊塗書面を通じて"化粧品事業以後多いことが変わった"としながら"私たちはSMエンターテイメントを離れないだろう。 来年春カムバックを準備しなければならないから来る12日まで返事を違って"と明らかにした。

イ・ヘリン記者rinny@asiae.co.kr<(c)アジア経済&ストゥダッコム(stoo.com)が作ってきたオフライン演芸ニュース>
*****
これがほんとなら持ちかけたのはきっとあの方だろーなー。
でも今言うタイミングかなぁ~>チャンミンパパ。
*****

ユンホ父"今になって不当待遇主張? 理解(利害)ならない"

[アジア経済イ・ヘリン記者]ユ・ノユン好意お父さんチョン・ヤンヒョン氏が今回の東方新起訴訟に対して"化粧品事業とこれによる金銭的欲が今回の事件の全部"と2日明らかにした。

彼はこの日午後3時汝矣島(ヨイド)63ビルディングで開かれたSMエンターテイメントの公式記者会見で書面を通じて"私が化粧品事業に対して話を初めて聞いたことは2009年2月だった"としながら"その時三メンバーの両親たちと出てきてチャンミン君のお父さんの考えが違ったし,あえて生まれて初めて聞いてみる化粧品会社に投資をして所属会社と議論なしで代理店を出すなどの行動をする理由が納得が行かなかった"と明らかにした。

引き続き"ややもすると下手すると国内だけでなく海外でも東方新起のイメージとブランド価値が落ちる憂慮であると判断して私は私の息子(ユンホ)にもこのような点を説明したし,息子も私のような考えを持っていたので化粧品事業には全く参加しないと話していた"と説明した。

また"なにをかいわんやその後日本で三メンバーらの化粧品事業に対する問題がふくらむことになった。 この問題で三メンバー側とキム・ヨンミン代表理事が会ったし,5月頃キム・ヨンミン代表理事と全体東方新起両親たちが会った。 キム代表が化粧品事業自制を要請するや以後東方新起両親たちどうし集まった席で三メンバー中あるメンバーのお父さんが'もうエスエムしては仕事しない'という発言をしたし,出てきてチャンミン君のお父さんが残り両親たちを説得したが頑強だった"と記憶した。

彼は引き続き"これが私が知っている今回の事件の前ブイや,これが全部だから私の息子が命よりさらに重要だと考える東方新起が単にこのような理由で危機を迎えることになって名誉が失墜することがあまりにも残念だ"と明らかにした。

彼はまた"デビュー前から海外進出に対するビジョンを正確に認知したので13年延長契約を締結した時もすべてのメンバーらと両親たちが快く同意していた。 今になって収益配分もまともに受けることができなかったと主張することが全く理解されない。 収入(輸入)決める時ごとに詳細な資料を見て財務担当役員のイ・ジョンイン理事に説明を聞いて各精算書に署名までする時にはなぜ問題提起をしなかったかその両親たちに訊ねたい。 事実は会社との専属契約を無視して便法で金を儲けたい目的のためにこのような事件が発生することになったという私の所信は変わりなくて真実は結局隠すことができないだろう"と強調した。

彼は最後に"デビューする以前から今までしばしば所属会社から東方新起としてのビジョンと今後計画に対して聞いたし,出てきてユンホもそれに(彼に)同意した"としながら"SMが東方新起を一層発展させて国家的ブランドに成長させるだろうという確信があるので(に) SMを離れた東方新起は想像できない"と強調した。

イ・ヘリン記者rinny@asiae.co.kr<(c)アジア経済&ストゥダッコム(stoo.com)が作ってきたオフライン演芸ニュース>
*****

ユンホ-チャンミン父'東方新起葛藤'ビハインド ストーリー公開

[アジア経済イ・ヘリン記者]東方新起訴訟に参加しなかったユ・ノユン号,最強窓(ウィンドウ)民のお父さんがSMエンターテイメントを通じて"今回の訴訟は化粧品事業によったこと"としながら後日談を公開した。

所属会社と葛藤を生じさせたりしたがメンバー間には大きな問題がなかったことから外部に知らされていただけに今回両親たちが明らかにした話は多少衝撃的だ。

最強窓(ウィンドウ)民のお父さんシム・ドンシク氏は2日書面を通じて"三メンバーお父さん中1人からお金と関連した誘惑を受けた"と明らかにした。

シム氏は"今回の仮処分申請は金銭的な利益のためのものであるだけ,専属契約が不当だったとか収益配分が正確でなかったとかというお話は私が分かっている限り本質的理由を分けようと思う言い訳に過ぎない"と強調した。

彼は"例えば,三人のメンバーが化粧品事業を始めて中国の化粧品会社事業説明会に参加した後にその中1人のご両親と通話をした時'この事業がはらわた数百億,数千億になるかも知れない事業だ。 私たちがこれからコスダック会社を迂回上場,'東方新起が事業をする'とうわさを立てて株価がちょうど沸き上がる時あらかじめ情報を差し上げるから株式を買え'というとんでもない話を聞くこともした"と明らかにした。

ユ・ノユン好意お父さんチョン・ヤンヒョン氏も立場を明らかにした。 彼は"私が化粧品事業に対して話を初めて聞いたことは2009年2月だった"としながら"その時三メンバーの両親たちと出てきてチャンミン君のお父さんの考えが違ったし,あえて生まれて初めて聞いてみる化粧品会社に投資をして所属会社と議論なしで代理店を出すなどの行動をする理由が納得が行かなかった"と明らかにした。

引き続き"ややもすると下手すると国内だけでなく海外でも東方新起のイメージとブランド価値が落ちる恐れがあると判断して私は私の息子(ユンホ)にもこのような点を説明したし,息子も私のような考えを持っていたので化粧品事業には全く参加しないと話していた。 なにをかいわんやその後日本で三メンバーらの化粧品事業に対する問題がふくらむことになった。 この問題で三メンバー側とキム・ヨンミン代表理事が会ったし,5月頃キム・ヨンミン代表理事と全体東方新起両親たちが会った。 キム代表が化粧品事業自制を要請するや以後東方新起両親たちだけで集まった席で三メンバー中あるメンバーのお父さんが'もうエスエムしては仕事しない'という発言をしたし,出てきてチャンミン君のお父さんが残り両親たちを説得したが頑強だった"と記憶した。

彼は引き続き"これが私が知っている今回の事件の前ブイや,これが全部だから私の息子が命よりさらに重要だと考える東方新起が単にこのような理由で危機を迎えることになって名誉が失墜することがあまりにも残念だ"と明らかにした。

チョン氏は契約に対しても問題ないという立場だ。 彼は"デビュー前から海外進出に対するビジョンを正確に認知したので13年延長契約を締結した時もすべてのメンバーらと両親たちが快く同意していた。 今になって収益配分もまともに受けることができなかったと主張することが全く理解されない。 収入(輸入)精算の時ごとに詳細な資料を見て財務担当役員のイ・ジョンイン理事に説明を聞いて各精算書に署名までする時にはなぜ問題提起をしなかったかその両親たちに訊ねたい。 事実は会社との専属契約を無視して便法で金を儲けたい目的のためにこのような事件が発生することになったという私の所信は変わりなくて真実は結局隠すことができないだろう"と強調した。

この日最強窓(ウィンドウ)民とユ・ノユン糊塗書面を通じて"化粧品事業以後多いことが変わった"としながら"私たちはSMエンターテイメントを離れないだろう。 来年春カムバックを準備しなければならないから来る12日まで返事を違って"と明らかにした。

イ・ヘリン記者rinny@asiae.co.kr<(c)アジア経済&ストゥダッコム(stoo.com)が作ってきたオフライン演芸ニュース>
*****
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。