りこがHAPPYになるもの&出来事を綴っていきます♪♪♪只今、東方神起溺愛中♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東方新起3人“ SMに契約無効確認訴訟提起すること”
2009年10月27日 (火) | 編集 |
東方新起3人“ SMに契約無効確認訴訟提起すること”

[ニュースエン イ・ミヘ記者]

東方新起3人がSMエンターテイメントを相手に本訴訟を提起するという意向を明らかにした。

東方新起3メンバーシアジュンス(実名キム・ジュンス),英雄在中(実名キム・ジェジュン),ミッキユチョン(実名パク柳川(ユチョン))の弁護人の法務法人セジョン側は27日“東方新起所属会社のSMエンターテイメントを状態で契約無効確認および収益分配に関する訴訟をまさに始める予定だ”と明らかにした。

引き続き“本訴訟の内容も仮処分訴訟の内容と似た点が多いが,仮処分で私たちの主張が大部分受け入れられたのでみた訴訟ははるかに易しくないだろうかと思う”と付け加えた。

セジョン側は“賢明な判決を下した裁判所に深く感謝している”として“東方新起メンバーらはこれからもう少し休んだ後に自由な活動をするように努力する予定です”と伝えた。

ソウル中央地方民事合議50部(パク・ビョンデ首席部長判事)は10月27日東方新起のシアジュンス(実名キム・ジュンス)英雄在中(実名キム・ジェジュン)ミッキユチョン(実名パク柳川(ユチョン))が所属会社のSMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決めた。

裁判所は“専属契約の一部条項が善良な風俗に(ほれる)反して全部または一部が無効か効力が消滅したと見る可能性が高い”として“ SMエンターテイメントが申請人らの意思に反して公演など演芸活動に関する契約を締結したり申請人らの独自の演芸活動を邪魔してはいけない”と明らかにした。

また裁判所は“個別合意を通じてグループ活動を持続する可能性があって既存活動にともなう収益配分などは仮処分段階で無効と断定しにくい”として“専属契約効力の全面的な停止(整地)を求める部分は棄却する”と付け加えた。

一方東方新起三メンバーらは去る7月,13年専属契約に対して事実上終身契約という意を入れて効力停止仮処分申請を裁判所に出したし,SMは互いに合意の下に更新してきた党合併した契約という立場を表明,両側が互角に対抗した。

これに対して裁判所は去る8月21日,ユ・ノユン号(実名正閠号),最強窓(ウィンドウ)民(実名深窓民)を除いた東方新起三メンバーとSMが公認として責任を考慮,紛争が円満に妥結することを願うと合意を勧告したが結局円満な妥協点を探せなかったし両側は裁判所の判決を待っていたし2ヶ月目に10月27日‘一部引用’判決が下された。

イ・ミヘ macondo@newsen.com
******

裁判所,東方新起手を上げた“専属契約一部効力停止”紛争これから開始?

ニュースエン パク・セヨン記者]

所属会社SMエンターテイメントを相手に専属契約仮処分申請を出した東方新起メンバーらの手をあげた。

東方新起シアジュンス英雄在中ミッキユチョン三メンバーらは去る7月,SMエンターテイメントとの13年専属契約に対して事実上終身契約という意を入れて効力停止仮処分申請を裁判所に提出した。これに対してSM側が"互いに合意の下に更新してきた党合併した契約"という立場を表明,両側が互角に対抗するということによって所属会社紛争が始まった

去る8月21日裁判所で進行された1次心理で合意に失敗,調整が決裂した両側は9月初め専属契約紛争関連書類を提出した後判決を待ち望んだ。所属紛争がチーム解体までふくらむなど東方新起問題を囲んだ世論は冷めるとは思わなかったし,一ヶ月女医期間が去る10月27日はじめて'一部引用'で判決が下された。

ソウル中央地方民事合議50部(パク・ビョンデ首席部長判事)は10月27日東方新起のシアジュンス(実名キム・ジュンス)英雄在中(実名キム・ジェジュン)ミッキユチョン(実名パク柳川(ユチョン))が所属会社のSMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決めた。

裁判所は"専属契約の一部条項が善良な風俗に(ほれる)反して全部または一部が無効か効力が消滅したと見る可能性が高い"として"SMエンターテイメントが申請人らの意思に反して公演など演芸活動に関する契約を締結したり申請人らの独自の演芸活動を邪魔してはいけない"と明らかにした。

また裁判所は"個別合意を通じてグループ活動を持続する可能性があって既存活動にともなう収益配分などは仮処分段階で無効と断定しにくい"として"専属契約効力の全面的な停止(整地)を求める部分は棄却する"と付け加えた。

今回の紛争期間の間東方新起はあらかじめ捕えられていたコンサートなど海外日程を無難に消化したし,予定されたレコードやはり発売された。だがファンたちは国家人権委員会にSMを告発するかと思えば,消費者院に被害救済を申請するなど熱い反応を見せた。特にファンたちは日刊紙広告を数回掲載して"東方新起とSM間の契約は所属会社側の横暴"という立場を強く表わした。

一方東方新起3人メンバーらの弁護人の法務法人セジョン側は27日"東方新起所属会社のSMエンターテイメントを状態で契約無効確認および収益分配に関する訴訟をまさに始める予定だ"と明らかにした。

引き続き"本訴訟の内容も仮処分訴訟の内容と似た点が多いが,仮処分で私たちの主張が大部分受け入れられたのでみた訴訟ははるかに易しくないだろうかと思う"と付け加えた。

セジョン側は"賢明な判決を下した裁判所に深く感謝している"として"東方新起メンバーらはこれからもう少し休んだ後に自由な活動をするように努力する予定です"と伝えた。


パク・セヨンpsyon@newsen.com
*****

裁判所“ SM,東方新起3人独自的演芸活動邪魔してはいけない”


[ニュースエン イ・ミヘ記者]

裁判所がSMエンターテイメントと東方新起3メンバーの専属契約訴訟に対する判決を下した。

ソウル中央地方民事合議50部(パク・ビョンデ首席部長判事)は10月27日東方新起のシアジュンス(実名キム・ジュンス)英雄在中(実名キム・ジェジュン)ミッキユチョン(実名パク柳川(ユチョン))が所属会社のSMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力停止仮処分申請に対して一部引用決定を下した。

裁判所は“専属契約の一部条項が善良な風俗に(ほれる)反して全部または一部が無効か効力が消滅したと見る可能性が高い”として“ SMエンターテイメントが申請人らの意思に反して公演など演芸活動に関する契約を締結したり申請人らの独自の演芸活動を邪魔してはいけない”と明らかにした。

東方新起三メンバーらは去る7月,13年専属契約に対して事実上終身契約という意を入れて効力停止仮処分申請を裁判所に出したし,SMは互いに合意の下に更新してきた党合併した契約という立場を表明,両側が互角に対抗している。

だが裁判所は“個別合意を通じてグループ活動を持続する可能性があって既存活動にともなう収益配分などは仮処分段階で無効と断定しにくい”として“専属契約効力の全面的な停止(整地)を求める部分は棄却する”と付け加えた。

一方裁判所は去る8月21日,ユ・ノユン号(実名正閠号),最強窓(ウィンドウ)民(実名深窓民)を除いた東方新起三メンバーとSMが公認として責任を考慮,紛争が円満に妥結することを願うと合意を勧告したが結局円満な妥協点を探すことができなくて裁判所の決定を待つことになった。

イ・ミヘ macondo@newsen.com
*****

と、とりあえず最初の結果が出ました!これって仮処分の方よね?←合ってる?長かったなぁ~
これからどうなるんだろう。
続報あったらアップしますね。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。